コンシーラーの明るさは何を基準に選べばいい?シミをキレイに隠すコツをお伝えします

女性って、ファンデーションを選ぶ時に

何を基準に選んでるのか??

 

それは、頬や首の肌の色です。

 

ファンデーションは顔全体にぬるものだから、

 

頬や首の色とかけ離れた色を選んでしまうと

 

メイクが厚塗りに見えたり、

顔が浮いてみえたりと悪いことばかり。

 

なので、ファンデーション選びは、

 

自分の肌をチェックしながら、

慎重に選んだほうがいいんですね。

 

でも、

 

シミを隠すだけのポイントメイクの場合、

 

ファンデーションのように

顔や首の色とピッタリ合わせる必要はないんです。

コンシーラーの明るさは何を基準に選べばいい?シミをキレイに隠すコツをお伝え!

コンシーラーの色って、自分の肌色とあわせなくて大丈夫なの?

ズバリ、コンシーラーの色は、

自分の肌色とあわせなくても大丈夫。

 

なぜなら、コンシーラーは部分使い専用だから。

 

コンシーラーの本来の目的を思い出してください。

 

コンシーラーは、シミとかクマとか、

肌の難点を隠すためのアイテム。

 

だから、コンシーラーの色を選ぶ時は、

 

自分の肌色に合わせる以前に、

 

シミとかクマを隠せる色

 

を選ぶことがとっても大切なんです。

シミを隠したいなら、イエロー系は絶対条件です!

では、シミを隠せる色ってどんな色?

 

答えは、イエロー系。

 

えっ?!!黄色?超目立つよね??

 

って心配に思われるかもしれませんが、

 

肌の難点を隠すには、

イエロー系のコンシーラーがピッタリなんです。

 

イエロー系のコンシーラーは、

 

顔の広範囲に広がったアザなども

隠せるっていう実例があるくらい

 

優秀なんです。

 

もちろん、メイクの腕前もそれなりに必要ですが、

 

シミをバレずにきれいに隠したいなら、

 

迷わずイエロー系を選びましょう。

明るめか暗めかっていったら、絶対に明るめです!

男性が、コンシーラーの色を選ぶ時、

 

ついつい自分の肌よりも暗めの色を選びがち。

 

それは、無意識にメイクがバレたくないっていう

気持ちが働いてるからなんだと思います。

 

でも、実は、

 

コンシーラーとかの部分メイクって、

 

色が暗いほうが目立つんですね。

 

逆に、明るめの色は、

 

光を取り込んで目立ちにくくなります。

 

色が明るくて目立ちそうなコンシーラーも、

 

一旦肌になじむとメイクが自然な仕上がりに。

 

もちろん、明るめのイエロー系

コンシーラー1本だけだと

 

メイクが目立ってしまうから、

 

化粧下地とか、フェイスパウダーとか、

メイクブラシを上手に使って、

 

まるでシミがなかったような肌を作っていきましょう。

 

コンシーラーを購入する際は、

 

あなたの肌色じゃなくて、

 

イエローベージュとかオレンジベージュとか

明るめの黄色系を基準に

 

探してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です