メイク崩れに待った!! 浮かないコンシーラーは肌の土台作りから

メイクって、基本崩れます。

 

特に、男の肌は皮脂が過剰分泌してるから、

 

もっと崩れやすい。

 

朝、鏡を見ながらメイクした時は、

自分でもよくできた!って思うんです。

 

俺のメイクの腕も上達してきたなって。

 

なのに、外出して1時間後に鏡をみると、

 

もうメイクがドロドロと崩れてる・・・

 

なんで?俺の皮脂のせい?

 

なんか、メイクと皮脂のいたちごっこみたいで、

 

シミを隠すのにもう疲れました。

メイクでシミが隠れない!! 浮かないコンシーラーは肌の土台作りから

コンシーラーが浮く原因とは?

コンシーラーが浮いてしまう原因。

 

それは、あなたの皮脂のせいです。

 

朝、どんなに完璧なメイクをしても、

 

皮脂コントロールをしていないメイクは

すぐに崩れてしまい、

 

メイクに費やした時間が水の泡。

 

しかも、自分の崩れたメイクなんて

汚くて見てられません。

 

こんなのが毎日続いたら、

メイクする気も失せますよね。

 

コンシーラーを浮かせないためには、

ちょっとしたコツがあるんです。

崩れないメイクのコツはこれ!

メイクを崩さないために、すぐに取り入れられる習慣。

 

それは、肌の保湿と皮脂コントロールです。

 

あなたは、皮脂がなぜ過剰分泌されるかご存じですか?

 

皮脂が過剰分泌される原因は肌の乾燥。

 

男の肌ってオイリーだから、

 

乾燥とは無縁って思ってる男性が多いんだけど、

 

実は、オイリー肌のほうが皮膚って乾燥してるんです。

 

皮脂は、肌の乾燥を補うために分泌されるんですね。

 

なので、まずは朝の保湿を徹底的にやるといいですよ。

 

コットンに化粧水をしみこませて、3分ほどシミが気になる部分にペタッと貼りつけておきます。

 

これなら、朝食を食べながらとか、簡単に保湿できます。

 

保湿が完了したら、皮脂コントロール効果のある化粧下地をつけます。

 

あとは、いつものコンシーラーでシミを隠してメイク完了。

 

保湿&皮脂コントロールをひと手間加えるだけで、

メイクの崩れ方が全然違ってきます。

 

是非、試してみてくださいね。

季節によって、メイクアイテムを使い分けよう

皮脂コントロール効果のある化粧下地は、

 

メイク崩れを防いでくれますが、

 

1つ注意点があります。

 

それは、皮脂を取りすぎてしまうこと。

 

いつも皮脂による顔のテカリに悩まされてる男性なら、

 

皮脂を取りすぎてもらえて嬉しいって

思われるかもしれませんが、

 

皮脂の取りすぎは、肌の乾燥を招きます。

 

もともと、肌が乾燥しやすいから皮脂が沢山分泌されてるのに、

 

その皮脂を取ってしまうと、肌の乾燥がより進んでしまうことに。

 

特に、空気が乾燥する冬場は要注意。

 

夏に、ちょうどいい使い心地だった化粧下地も、

 

冬になると、乾燥が進んで肌に合わなくなることも。

 

保湿は1年中同じ方法でも大丈夫ですが、

 

化粧下地は、季節によって、

 

皮脂に強いもの、保湿に強いもの

 

と、使い分けることで、

 

コンシーラーが浮きにくく、崩れにくくなります。

 

試してみてくださいね。

コンシーラーの明るさは何を基準に選べばいい?シミをキレイに隠すコツをお伝えします

女性って、ファンデーションを選ぶ時に

何を基準に選んでるのか??

 

それは、頬や首の肌の色です。

 

ファンデーションは顔全体にぬるものだから、

 

頬や首の色とかけ離れた色を選んでしまうと

 

メイクが厚塗りに見えたり、

顔が浮いてみえたりと悪いことばかり。

 

なので、ファンデーション選びは、

 

自分の肌をチェックしながら、

慎重に選んだほうがいいんですね。

 

でも、

 

シミを隠すだけのポイントメイクの場合、

 

ファンデーションのように

顔や首の色とピッタリ合わせる必要はないんです。

コンシーラーの明るさは何を基準に選べばいい?シミをキレイに隠すコツをお伝え!

コンシーラーの色って、自分の肌色とあわせなくて大丈夫なの?

ズバリ、コンシーラーの色は、

自分の肌色とあわせなくても大丈夫。

 

なぜなら、コンシーラーは部分使い専用だから。

 

コンシーラーの本来の目的を思い出してください。

 

コンシーラーは、シミとかクマとか、

肌の難点を隠すためのアイテム。

 

だから、コンシーラーの色を選ぶ時は、

 

自分の肌色に合わせる以前に、

 

シミとかクマを隠せる色

 

を選ぶことがとっても大切なんです。

シミを隠したいなら、イエロー系は絶対条件です!

では、シミを隠せる色ってどんな色?

 

答えは、イエロー系。

 

えっ?!!黄色?超目立つよね??

 

って心配に思われるかもしれませんが、

 

肌の難点を隠すには、

イエロー系のコンシーラーがピッタリなんです。

 

イエロー系のコンシーラーは、

 

顔の広範囲に広がったアザなども

隠せるっていう実例があるくらい

 

優秀なんです。

 

もちろん、メイクの腕前もそれなりに必要ですが、

 

シミをバレずにきれいに隠したいなら、

 

迷わずイエロー系を選びましょう。

明るめか暗めかっていったら、絶対に明るめです!

男性が、コンシーラーの色を選ぶ時、

 

ついつい自分の肌よりも暗めの色を選びがち。

 

それは、無意識にメイクがバレたくないっていう

気持ちが働いてるからなんだと思います。

 

でも、実は、

 

コンシーラーとかの部分メイクって、

 

色が暗いほうが目立つんですね。

 

逆に、明るめの色は、

 

光を取り込んで目立ちにくくなります。

 

色が明るくて目立ちそうなコンシーラーも、

 

一旦肌になじむとメイクが自然な仕上がりに。

 

もちろん、明るめのイエロー系

コンシーラー1本だけだと

 

メイクが目立ってしまうから、

 

化粧下地とか、フェイスパウダーとか、

メイクブラシを上手に使って、

 

まるでシミがなかったような肌を作っていきましょう。

 

コンシーラーを購入する際は、

 

あなたの肌色じゃなくて、

 

イエローベージュとかオレンジベージュとか

明るめの黄色系を基準に

 

探してみてくださいね。